新潟県卓球連盟オフィシャルサイト

会長挨拶

新潟県卓球連盟会長 渡邉 實


  この度、田村浩一前新潟県卓球連盟会長のご勇退により、その後をお引受けすることとなりました。前任の田村会長はじめ、歴代会長諸氏の当連盟へのご功績を顧みますと、多大なものがあります。そのような先輩諸氏の実績と、今の自分の力量を考えると大きな不安を禁じ得ません。皆様方のお力をお借りしながら、何とかこの大役を果たして行きたいと考えております。

近年、皆様周知の通り、それまでマイナースポーツと言われてきた卓球も、ようやくメジャースポーツと言われる時代となってきました。それ故、周りの目も厳しく、それぞれの部署で、スピード感、透明性、結果が求められるようになってきているのではないでしょうか。

卓球人気と平行するように、当連盟においても、近年における選手の活躍は素晴らしいものが感じられます。小学生の低学年ジュニアから、ご高齢のマスターズまで、毎年のように全国入賞者が出るようになりました。この活躍の中、高学年ジュニアと言われる高校生の活躍も、あと一歩というところまできているようにも思います。いずれにしましても選手、卓球愛好者あっての連盟と思います。選手が思いきり力を発揮できる、卓球愛好者が十分に卓球を楽しめる、そんな環境作りを理想に掲げ、卓球関係者一同力を合わせて活動できたらと思います。

皆様のご協力をお願いし、就任のご挨拶とさせていただきます。


2019年4月1日